7


1

swi-prologで警告をオフにする

swi-prologで警告をオフにするにはどうすればよいですか。

Clauses of XXX/AA are not together in the source-file

非常に迷惑です。

2 回答


10


代わりに、警告を修正できます。

discontiguous/1は、静的(コンパイル済み)述部の節を単一のユニットとしてコンパイルできない場合に必要です。 これは、句の定義が次の場合に発生します。

  • 連続していない

  • 句の最大数を超えました


3


これらの警告は、http://www.swi-prolog.org/pldoc/man?predicate = style_check / 1 [style_check]で `:-style_check(-discontiguous).`を使用して無効にできます。

たとえば、 `:-style_check(-singleton).`でシングルトン変数に関する警告を延期することもできます。